プリヴェート!ロシア・フェンシングホストタウン

©株式会社VOTE FOR

プリヴェート!ながら第1号
執筆:ヴァイオリンとロシアをこよなく愛す
千葉大学3年生 A.M

2019年10月、長柄町は2020東京オリンピックのロシア・フェンシングチームのホストタウンに登録されました。私は昔からロシアが好きで、一昨年の夏にはロシアに留学をしました。ロシアとの交流を図る今回の事業で是非ロシアの魅力を伝えたいと思いました。そこで、今回は長柄町でおこなった交流事業と、私が3週間ほど過ごした町、サンクトペテルブルクについて紹介します。

■長柄小・日吉小で「フェンシング体験・ロシア交流会」を開催しました!
12月19日、長柄小・日吉小で、千葉大学フェンシングサークルによるフェンシング体験会と、ロシア人留学生との交流会が開催されました。プラスチック剣と防具を使ったフェンシング体験をしたあと、ロシアから来た留学生がそれぞれの故郷について紹介し、簡単なロシア語を教えて、ロシアの遊びを体験しました。
事前にロシア語を覚えていた子が、休憩時間に留学生にロシア語で話しかけている姿もみられました。給食はロシア料理が出てきました。私は留学生の歌に乗せ、ロシアの民謡「カチューシャ」をヴァイオリンで演奏しました。

■サンクトペテルブルク
サンクトペテルブルクはロシアの西にある都市です。成田空港から飛行機で、12時間ほど。ロシアの都市の中で、2番目に大きな都市です。観光都市として人気があり、中でもエルミタージュ美術館は、すべての展示物を見るために数日間を要するほどの大きさです。
また、サンクトペテルブルクの街並みは物語の世界のように美しく、京都のような街並みに合わせたデザインの店舗も見られます。

■日本との生活上の違い
水道から出てくる水は飲めません。私はスーパーで6Lの水を買い、生活全般に使いました。ロシアの街中では日本の食べ物が食べられるお店がいくつもあります。ラーメンはもちろん、その場で焼いてくれる鯛焼きも。味は日本に引けをとりません。他にも公衆トイレはお金がかかります。大きなリュックを背負って駅に行くと呼び止められ、荷物検査をすることになりますよ!

■今月のロシア語♪〜あいさつ〜
・Здравствуйте!(ズドラーストヴィチェ!)
こんにちは!「ラ」にアクセントを置き、巻き舌で発音するのがポイント
・Досвидания.(ダスビダーニャ)
さようなら二つ目の「ダ」がアクセント
・Привет!(プリヴェート!)
やぁ!こんにちは!の気軽な言い方。今回の広報のタイトルでもあります。