宇垣美里はもはや反権力の象徴ですワ!レジスタンス系のアニメを好んでいるから

©103R株式会社

5周年を迎えたスマホ向け3DアクションRPGがついにアニメ化!フリーアナウンサーの宇垣美里が27日、都内で行われたTVアニメ『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』プレス向け試写会に参加したゾ!

宇垣アナをイメージしたキャラクター“はじまりの星たぬき姫美里”のイラストがお披露目されると「ここまで可愛く描いてもらって大丈夫ですか?目も大きくて口の感じも似ている」と太鼓判で「アニメ放送も気になるけれど、こうやって2次元キャラになることもできて…いいスタートが切れそうです」と新年初の気色満面。

TBSを退社し、フリーになった2019年を振り返り「昨年はフリーになって色々と挑戦してきたので、今年も色々なことにチャレンジして自分の幅を広げていきたい」と新年の抱負。好きなアニメジャンルについては「日常系アニメも好きだけれど、SF系や戦闘シーンの多いレジスタンスものも好き。体制を壊していく内容のアニメはよく観ます」と打倒権力マインドを口にしていたゾ。

またアニメ好きになったきっかけを聞かれた宇垣アナは「大学時代に先輩から『好きなアニメに“ミサト”という名前のキャラクターが出てくる』と言われてそのアニメを観たら、ズブズブとハマりました」と回想。さすがに別アニメのタイトルは口にできないようだが「アニメ好きならば“ミサトさん”で大体わかると思います」とアニメ好き達の知識に期待をしていたゾ。きっと『新世紀エヴァンゲリオン』のことかな?