押切もえYouTube動画に激辛評価…「涌井を出してしゃべらせろ!」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

押切もえ

(C)まいじつ

モデルの押切もえが1月21日、自身のYouTubeチャンネルを開設した。

押切はYouTubeを始めるきっかけについて、「料理とかをインスラグラムに上げていたら、レシピを教えてほしいって声が多くて、1つ1つレシピを書くのはややこしくなるので、気楽さで紹介したいと思い、思い切ってYouTubeを始めました。料理や美容、おすすめのアイテムなどを紹介していけたらいいな」などとコメント。ファンからは、

《料理のレシピ楽しみです。料理動画見たいな》
《どんな化粧品を使っているのか知りたい。いつもきれいにしてるもんね》
《開設おめでとうございます。得意のお料理や美容のことをいろいろ動画でアップしてくれるのを楽しみにしてます》

などの応援のメッセージが寄せられた。

「24日には早速、ビーフストロガノフを作る動画をアップしましたが、視聴者の反応はイマイチでしたね。そもそもありきたりの料理動画を今さら始めたところで、押切レベルの知名度では大した視聴数など稼げるわけがありません。初回の動画に至っては、約3割の人が低評価をクリックする始末です。果たしていつまで続くでしょうかね」(芸能記者)

 

楽天イーグルス実況なら見る

ネット民からの声は一層厳しい。

《試しに視聴したけど、今日ほどYouTubeの倍速再生がありがたかった日はなかったよw 無駄な時間を過ごさなくてよかったー》
《1本目から低評価の嵐じゃんw 誰が見るんだこれ》
《40のオバサンの料理動画か。本当に需要あるのか?》
《仕事が暇になって、少しでも金稼がせるために事務所がやらせたんだろ。アフォ草》
《芸能人が何の戦略もなく始めて、勝手に自滅するパターンじゃんw》

など、酷評が吹き荒れている。

「何とも不安な船出となった押切のYouTube動画ですが、押切が何でもリクエストに応えると話したことから、『夫の涌井秀章投手を出してくれ』という要望が早くも上がっています。寡黙なキャラクターで知られる涌井ですから、動画で家庭でしか見せない一面を披露すれば、大きな話題になるのは間違いないでしょう。その可能性は、限りなく低いとは思いますがね…」(エンタメ誌ライター)

人気の料理チャンネルといえば、自分のオッパイを広告に使って大人気となった『くまクッキング』があるが、いくら元モデルとはいえ、40歳になった押切が、ただ料理を作るだけで視聴数が稼げるほどユーチューバーは甘くない。夫のサプライズ出演が無理なら、せめて〝野球実況〟などの意外性で勝負すべきだろう。