新年のごあいさつ 越知町議会議長寺村晃幸

©株式会社VOTE FOR

新年明けましておめでとうございます。
皆さま方には、穏やかな新年をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
また、平素は議会運営に対し温かいご指導、ご理解を賜り厚くお礼申し上げます。
昨年は、令和の幕が開け、新しい時代を迎えました。
アジア初のラグビーワールドカップが日本で開催され、日本代表が初のベスト8に入るなどスポーツ選手の活躍がめざましい年でありました。
6月に平成24年に制定した基本条例の一部を改正し、議会改革推進会議を設置いたしました。議会改革をさらに進めてまいります。
7月には議会として県に対し、県道18号の越知~出来地間は着々と拡幅改良が進められているが、未改良区間には、カーブもあり、落石も度々発生し、歩行者や通行車両が危険にさらされている。また、キャンプ場やイベントなどで利用客が多くなっていることから、本格改良までの緊急対策として落石対策を要望しました。
11月には、27年度に策定された「越知町まち・ひと・しごと創生総合戦略」の4年半の総括として基本目標8、KPI36、合計46項目について検証をしました。目標に対し、達成、ほぼ達成が数多く見受けられるが、人口減少対策として掲げた社会移動の50人増は、逆に87人の減となり、また、地域資源を生かし雇用を創出農林分野では農業者の高齢化、林業の方向性など喫緊の課題が山積しております。
議会としても第2期策定に向けて各事業の検証をしっかりし、政策提言をしてまいります。
本年は、東京オリンピックが開催される年であり、56年ぶりの開催が楽しみであります。
待望のスノーピークおち仁淀川キャンプフィールドとスノーピークかわの駅おちの両施設がオープンとなりました。今後は、「アウトドアなまち」として、多くの観光客に訪れてもらうためにアクティビティを充実させ、経済効果につなげる取り組みが必要であります。
議員も自ら積極的に自己研さんし、皆さまとの懇談会や先進地視察を行い、皆さまの思いを反映し、信頼される議会を目指して取り組んでまいります。
なお、一層のご支援、ご協力をお願申し上げ年頭のごあいさつといたします。