越知ぜよ!熱中塾

©株式会社VOTE FOR

■11月23日に第3期がスタートしました!
今回は、世界で活躍されている2人の講師をお招きしました。
84歳のプログラマーこと、『若宮正子さん』とドラマいだてんの助監督やNHKのヒット番組を担当されるディレクター『倉崎憲さん』です。若宮さんの授業では、歳なんて関係ない。ITは高齢者が前向きに使うべき!エクセルを使ったエクセルアートのお話や、世界でのIT活用例などたくさん学びました。倉崎さんは学生時代に行った海外に学校を作るというエピソードが映画になり、その学校を作るきっかけになったお話や、「ドラマ」というジャンルに飛び込んだポイントなどをお話いただきました。
大人になるにつれて知識ばかりが増えていき、実際に行動することが減ってしまうことがあると思うんですが、お2人共「やりたい!挑戦したい!」という気持ちに素直で、まっすぐな言葉でとても素晴らしい授業でした。

▽1月の先生は、
・松田智生先生(三菱総合研究所プラチナ社会センター主席研究員、高知大学客員教授)
・石川拓治先生(ライター主な著書「奇跡のリンゴ」「37日間漂流船長」「新宿ベル・エポック」)

▽越知ぜよ!熱中塾って知っちゅう?
越知ぜよ!熱中塾は、熱中小学校の高知校となります。
熱中小学校は、廃校になった小学校を利活用し大人の学び舎とする取り組みとして、山形県高畠町で平成27年10月に始まりました。起業家精神や里山文化・最新技術を学び、創造する場となることを目指して令和2年現在日本全国に16校創設しております。その11校目として、越知ぜよ!熱中塾は平成30年9月に開校しました。越知ぜよ!熱中塾は学びの場を高知全体とし、県内外のさまざまな分野で活躍する講師の方を招き、新たな知識や発見をお届けします。

▽何するがよ!
毎月1回2人の講師を高知県にお呼びし、授業を行っています。幅広いジャンルの専門の先生のお話や、一緒に体験するような授業を行っています。授業の後は懇親会を行っているので、先生ととても近い距離でお話することができます。

▽どこでしてるが?
今まで町民会館で行っていましたが、令和2年からは『横倉山自然の森博物館』の3階で行います。野外での授業もあるかも?!

▽いつするが?
次は…1月18日(土)午後1時~5時横倉山自然の森博物館3階

▽どうやって入塾するが?
次期の募集サイトを2月末にオープンします。メールでの受付も行いますので、次回の広報にてお知らせいたします。各授業は越知ぜよ!熱中塾の生徒さんやスタッフに紹介してもらい、参加できる「単発参加制度」もあります。(3000円/1日参加)ぜひ、参加してみてくださいね!

第4期は、4月からスタート!まちゅうよ!