橿原市 学校給食にウクライナ料理

©奈良テレビ放送株式会社

 今年夏に開かれる東京オリンピック・パラリンピックで、橿原市は、ウクライナとカザフスタンのホストタウンになることから、市内の小中学校でウクライナ料理の給食が登場しました。 

 給食が提供されたのは、橿原市立の小中学校合わせて22校です。このうち、香久山小学校でも、きょう給食にウクライナを代表するメニュー「ボルシチ」が出されました。お味の方は…

「トマトの味がします。おいしいです。」

 書写の授業では、ウクライナとカザフスタンの選手らを応援するメッセージを書き記しました。橿原市では、すでに去年8月からカザフスタンの国際交流員が訪れるなど市民との交流が始まっています。今年の7月ごろからは、ウクライナからは陸上選手らが訪れ、また、カザフスタンからはパラリンピックに出場する選手が訪れる予定となっています。