西桂町と山梨学院大・短大 五輪契機に連携協定

©株式会社テレビ山梨

開幕まで半年を切った東京オリンピックへの取り組みです。
1月27日、山梨県の西桂町と山梨学院大学、山梨学院短期大学がオリンピックをきっかけに連携する協定を結びました。
協定には国際交流やスポーツ、健康福祉などの分野で連携して取り組むことが盛り込まれています。
具体的にはフランスのフェンシング代表がオリンピックの事前合宿を行う西桂町に大学側がフランスからの留学生を派遣して受入れをサポートすることや、町民を対象にしたスポーツの関心についての意識調査を行い、健康づくりなどへ役立てることにしています。