全豪テニス、青山組は8強ならず

日本勢敗退、土居組も

©一般社団法人共同通信社

女子ダブルス3回戦でガウフ、マクナリー組に敗れた青山(手前)、柴原組=メルボルン(共同)

 【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第8日は27日、メルボルンで行われ、女子ダブルス3回戦で第10シードの青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組がコリ・ガウフ、キャサリン・マクナリー組(米国)に6―4、5―7、3―6で逆転負けし、8強入りはならなかった。土居美咲(ミキハウス)モニカ・ニクレスク(ルーマニア)組はセン皓晴、セン詠然組(台湾)に6―7、4―6で屈した。今大会の日本勢は全て敗退した。

 男子シングルス4回戦で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)は第23シードのニック・キリオス(オーストラリア)を6―3、3―6、7―6、7―6で下した。