早大勢は決勝進出ならず…課題残る結果に

©早稲田スポーツ新聞会

ルーセントカップ東京インドア全日本ソフトテニス大会(東京インドア)が駒沢体育館で開催された。昨年の大会で優秀な成績を収めた男女各6ペアが出場する今大会。早大からは長尾景陽(社4=岡山理大付)・松本倫旺(スポ4=熊本・済々黌)組と上松俊貴主将(スポ3=岡山理大付)が船水颯人(平31スポ卒=ヨネックス)とのペアで出場した。子供からお年寄りまで多くのソフトテニスファンが詰め掛け大盛り上がりのなか、早大勢が躍動するも結果は及ばず。2ペアとも予選リーグ敗退となった。

東京インドアは6ペアが3組ずつA、Bブロックに分けて総当たりの予選を行い、各ブロックの1位ペアが決勝を戦う。Bブロックには長尾・松本組が登場した。安藤優・安藤圭(東京ガス)組との初戦をファイナルまでもつれた末に落とし、迎えた第2戦。相手は林田・柴田(ヨネックス)組だ。序盤はお互いにゲームを取り合い2―2のタイになるも、長尾のシュートがことごとく相手のポーチボレーによって阻まれ、流れは林田・柴田組に。相手のカットサーブへの対応もあってなかなか好機を生み出せず、そのまま2ゲームを連取され2―4で敗れた。この時点で2戦2敗となり、長尾・松本組は予選敗退となった。

果敢にシュートで攻める長尾

Aブロックには船水・上松組が登場。中本・鈴木(福井県庁)との初戦は序盤でミスが重なり、一時は2―3まで追い込まれる。それでも4連続ポイントで6ゲーム目を奪い、ファイナルに持ち込むと流れを引き寄せ4-3で勝利した。第2戦の相手は丸中・林(NTT西日本)組。1ゲーム目を取りいい立ち上がりを見せたが、その後、連続で2ゲームを奪われ徐々に流れは相手ペースに行く。「向こうがいけいけの状態で(ゲームを)取り切れなかったのが痛かった」(上松)と、相手ペースの中で上松が果敢にネットに詰めボレーで攻めるも決め切ることができず。上松のダイナミックなプレーに会場が湧く場面もあったが、2―2のタイから2ゲームを奪われ2―4で敗戦となった。Aブロックは全ペアが1勝1敗で並び、得失ゲーム差で丸中・林組が決勝進出。早大勢は予選で姿を消すことになった。

ボレーを決める上松

選りすぐりの選手たちが集結し、ハイレベルな戦いが繰り広げられた今大会。早大勢は僅差で及ばず予選敗退となった。しかし、上松主将は「今回負けたのは仕方ないことだと思って、来週反省を踏まえていい感じで大会に出場できれば結果も出てくる」と冷静に次を見据える。来週の全日本インドアソフトテニス選手権大会はインドアで最も大きな大会といえるハイレベルな大会だ。各々の選手が今回見つかった課題を修正し、百戦錬磨のつわものたちが集う大会に臨む。

(記事・写真 山床啓太)

結果

船水・上松組 予選敗退

長尾・松本組 予選敗退

▽Aブロック
〇船水・上松 4-3 中本・鈴木
●船水・上松 2-4 丸中・林

▽Bブロック
●長尾・松本 3-4 安藤優・安藤圭
●長尾・松本 2-4 林田・柴田

上松俊貴主将(スポ3=岡山理大付)

――予選敗退という結果に終わりましたが、この結果をどのように受け止めていますか

みんな出ている人は強い人なので、決勝トーナメントに上がれるかリーグで負けるかは結構僅差でした。それを踏まえてしっかりそこで勝ち切れるかどうかを見つめ直すことが今回の課題として見つかったところですし、冬のシーズンが始まって来週は大阪インドアという一番大きな大会があるので、今回負けたのは仕方ないことだと思って、来週反省を踏まえていい感じで大会に出場できれば結果も出てくると思います。優勝はもちろん目指していましたが、平気で予選リーグで負ける可能性があることも自分自身で思っていたのでそんなに悔しいというか、残念という気持ちはないです。しっかりやれることをやった上でできたのでそこは良かったと思います。

――今回は船水さんとのペアでしたが、ペアリングはいかがでしたか

インドアは今週で2回目なんですけど、先週の大会は内本さん(隆文 スポ4=大阪・上宮)とのペアで出場して、今週と来週は船水さんとのペアです。ペアリングは、インドアでやるのは年に何回もあるわけではないですし、大会ごとにどんどんつかめていけるのが僕たちの持ち味ではあります。たまにもたついたところはあったんですけど、最終的にそこは試合が終わった後でお互いに話し合うことができたので、来週うまくいくように個人練習でしっかり準備していければいいと思います。

――2試合目では後半、相手に流れがいってしまいましたが、そこは振り返っていかがですか

1ゲーム目は先攻で取れたんですけど、中盤に2ゲーム連続で落としたりしました。向こうは向かってくる立場でこっちが受けに回る姿勢だったんですけど、そこでゲームをリードされたことによって向こうは勢いづいてもっとペースを上げてきたので。こっちはなんとかくらいついて2―2のタイに戻せたんですけど、向こうがいけいけの状態で(ゲームを)取り切れなかったのが痛かったです。もちろん先攻できたことは良くて入りに問題はなかったので、中盤でどのように点を取って流れをこっちに持ってくるかを考えれば、終始ペースを握れるのではないかと思いました。そこは来週に向けて勝つための課題です。

――今年1年間の目標をお願いします

まずは来週の全日本インドアという大きな大会があるのでそこでしっかり結果を残せるようにするというのが最初(の目標)です。僕たちの学年の代になって、僕はキャプテンとしてチームをまとめていかないといけないですし、もちろん僕だけ頑張ってもあとがついてこなかったら意味がありません。インカレの団体優勝というチームの大きな目標を立てているので、そこに向かってせわしいチームを作ることだったり、全員で同じ目標をつかみ取るという覚悟を持ってやっていけば、負けたとしても自分の達成感だったりいい経験になると思います。結果だけを見るのではなくて内容を求めていけば、最後に結果がついてくると思うので、僕だけじゃなくてチーム全体として頑張って内容を求めていきたいと思います。

――来週の全日本インドアに向けて意気込みをお願いします

先週は勝ってうれしい思いをして、今週は負けて悔しい思いをしました。どっちの感情も味わえたので、それを自分の頭のなかで整理して来週、またうれしい気持ちで終われるように精一杯頑張ります。