JRの高架上 歩こう 3月8日、長崎駅周辺 記念乗車券も

©株式会社長崎新聞社

イベントで見学できるJR長崎線の高架上=長崎市尾上町(JR九州長崎支社提供)

 JR長崎線(長崎駅-浦上駅)が3月28日に高架化して開業するのを前に、JR九州長崎支社は3月8日、高架上を歩く無料イベントを開く。同日限定で記念乗車券も発売する。
 「二度と歩けない!長崎高架・開業記念レールウオーク」として開催。午前8時半から午後1時にかけて、長崎駅かもめ広場を随時スタートし、県庁周辺など約4キロを歩いて同広場に戻る約2時間のコース。途中、新駅舎を経て高架上の500メートルを往復する。
 事前申し込み不要。安全用にヘルメットを貸し出す。歩きやすい靴が必要。ヒールの高い靴やサンダルでは参加できない場合がある。小雨決行だが、高架上で傘は使えない。
 当日配るコースマップを長崎歴史文化博物館で提示すると、常設展示室の観覧料が2割引きになる。
 かもめ広場では「ありがとう長崎駅記念乗車券」を開業日の語呂合わせで328セット販売。3種類の乗車券と硬券仕様の入場券、寝台特急さくらなど往年の列車写真をあしらった台紙を組み合わせたセットで3280円。3月28日に限り使用有効。1人5セットまで購入できる。事前予約や郵送は受け付けない。
 問い合わせは長崎鉄道事業部(電095.827.4088)へ。