<レスリング>2.18~23アジア選手権(インド)にオリンピック内定6選手ら男女30選手を派遣

©公益財団法人日本レスリング協会

 2月18日(火)~23日(日)にインド・ニューデリーで行われるアジア選手権に下記の男女30選手を派遣する。

 東京オリンピックの代表に内定している男子2選手(文田健一郎、乙黒拓斗)と女子4選手(向田真優、川井梨紗子、川井友香子、皆川博恵)のほかは、主に昨年12月の全日本選手権の優勝選手。アジア予選(3月27~29日、中国・西安)に挑む選手では、男子フリースタイル125kg級の田中哲矢(自衛隊)、男子グレコローマン97kg級の奈良勇太(警視庁)、同130kg級の園田新(ALSOK)が出場する。

 この大会の結果は、オリンピック出場枠獲得には影響しないが、それぞれの国から出場した選手数までがアジア予選に出場できる。世界レスリング連盟(UWW)のランキング大会であり、オリンピックのシード権に絡んでくる。

 チームは、男子グレコローマンが2月15日(土)、女子が17日(月)、男子フリースタイルが19日(水)、いずれも成田空港発の日本航空で出発する。

 大会スケジュールと日本選手団は下記の通り。1回戦~決勝を1日で行う。


大会スケジュール

2月18日(火) 男子グレコローマン55・63・77・87・130kg級
   19日(水) 男子グレコローマン60・67・72・82・97kg級
   20日(木) 女子50・55・59・68・76kg級
   21日(金) 女子53・57・62・65・72kg級
   22日(土) 男子フリースタイル57・65・70・79・97kg級
   23日(日) 男子フリースタイル61・74・86・92・125kg級


日本選手団・役員

【強化副本部長】赤石光生(日本オリンピック委員会)

【男子グレコローマン監督】笹本睦(日本オリンピック委員会)、【同コーチ】松本隆太郎(日体大教)、清水博之(自衛隊)

【女子監督】笹山秀雄(自衛隊)、【同コーチ】齊籐将士(警視庁)、金浜良(ジャパンビバレッジ)

【男子フリースタイル監督】井上謙二(自衛隊)、【同コーチ】小幡邦彦(山梨学院大教)、米満達弘(自衛隊)

【男子トレーナー】太田暁央(自衛隊)、近敏成(日本スポーツ振興センター)、【女子トレーナー】佐藤守重(日本スポーツ振興センター)

【帯同審判】沖山功(香川・香川中央高教)、篠原正樹(静岡・吉原工高教)、本田原明(自衛隊)


出場選手

 【男子グレコローマン】
▼55kg級 片桐大夢(拓大)
▼60kg級 文田健一郎(ミキハウス)
▼63kg級 山田義起(日体大)
▼67kg級 下山田培(警視庁)
▼72kg級 日下 尚(日体大)
▼77kg級 櫻庭功大(自衛隊)
▼82kg級 向井識起(自衛隊)
▼87kg級 鶴田峻大(自衛隊)
▼97kg級 奈良勇太(警視庁)
▼130kg級 園田 新(ALSOK)

 【女子】
▼50kg級 五十嵐未帆(明光ネットワークジャパン)
▼53kg級 向田真優(至学館大)
▼55kg級 東川加奈(至学館大)
▼57kg級 川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)
▼59kg級 今 佑海(鹿児島県体協)
▼62kg級 川井友香子(至学館大)
▼65kg級 類家直美(至学館大)
▼68kg級 松雪成葉(至学館大)
▼72kg級 進藤芽伊(日体大)
▼76kg級 皆川博恵(クリナップ)

 【男子フリースタイル】
▼57kg級 高橋侑希(ALSOK)
▼61kg級 榊 流斗(山梨学院大)
▼65kg級 乙黒拓斗(山梨学院大)
▼70kg級 原口 伸(国士舘大)
▼74kg級 高谷大地(自衛隊)
▼79kg級 奥井真吉(国士舘大)
▼86kg級 山田修太郎(山梨学院大)
▼92kg級 大津拓馬(山梨学院大)
▼97kg級 園田 平(自衛隊)
▼125kg級 田中哲矢(自衛隊)