【イギリス王室】Netflixがヘンリー王子&メーガン妃に興味津々?米大統領選に介入の噂も!

©株式会社AXNジャパン

2020年の年明け早々に「王室からの離脱」という衝撃的な発表をしたヘンリー王子&メーガン妃。そんな二人にNetflixの幹部が興味を示しているとの報道がありました。また、王室離脱に対して暗雲が立ち込めているとの情報もあります。現状の二人の状況をまとめてみました!

Netflixの幹部がヘンリー王子&メーガン妃に興味津々!

SANTA BARBARA, CALIFORNIA - JANUARY 21: Ted Sarandos attends the Cinema Vanguard Award Honoring Laura Dern during the 35th Santa Barbara International Film Festival at the Arlington Theatre on on January 21, 2020 in Santa Barbara, California. (Photo by Matthew Simmons/Getty Images for SBIFF)

テッド・サランドス氏

イギリスのPA通信が報じたところによると、NetflixのCCO(チーフ・コンテンツ・オフィサー)テッド・サランドス氏がロスで行われたイベントで、ヘンリー王子夫妻と契約する可能性はあるか?との質問に「興味がない人なんているの? イエスだよ、もちろん」と答えたとのこと。

チーフ・コンテンツ・オフィサーとは、あまり聞きなれない役職名ですが、コンテンツに関する最高責任者という幹部クラスの地位です。

Netflixは2018年にオバマ前大統領夫妻とストリーミング配信用の番組や映画の製作に関する契約を結んでいます。大統領退任後も現役時代と変わらぬ絶大な影響力を持つオバマ前大統領夫妻がエンタメ界に進出することが大きな話題になりました。そして、Netflixとの契約金はなんと複数年で5,000万ドル(約55億円)という噂です!

オバマ前大統領夫妻が提供するコンテンツとは

CHICAGO, ILLINOIS - OCTOBER 29: Former U.S. President Barack Obama and his wife Michelle close the Obama Foundation Summit together on the campus of the Illinois Institute of Technology on October 29, 2019 in Chicago, Illinois. The Summit is an annual event hosted by the Obama Foundation. (Photo by Scott Olson/Getty Images)

オバマ前大統領夫妻がNetflixで配信するコンテンツの第一弾として、ドキュメンタリー映画やドラマシリーズなど、さまざまなジャンルの7作品が発表されています。

例えば、オハイオの片田舎で、閉鎖されたGM(ゼネラルモーターズ)の工場を再建すべく奮闘する中国人大富豪の姿を追ったドキュメンタリー映画『American Factory(原題)』などがあります。本作は、第35回サンダンス映画祭のUSドキュメンタリー部門監督賞を受賞しています。

オバマ前大統領はコンテンツ発表の際に次のように語っています。

「ハイヤー・グラウンドが目指すのは、ストーリーテリングの力を借りて、より多くの人々に大切なメッセージを届けること。人種や経済格差、民主主義や人権といった様々な問題をテーマに、見る人たちみんなを楽しませるだけでなく啓蒙し、元気づけ、結びつけてくれるに違いない素晴らしい作品がそろったことに、心から興奮しています」

出典元:https://eiga.com/news/20190513/8/

「サセックス・ロイヤル」の商標登録にトラブル発生!

LONDON, ENGLAND - JANUARY 07: Prince Harry, Duke of Sussex and Meghan, Duchess of Sussex depart Canada House on January 07, 2020 in London, England. (Photo by Chris Jackson/Getty Images)

ヘンリー王子夫妻は自らの爵位である「サセックス・ロイヤル」を2019年12月28日に商標登録しています。この商標登録の申請は2019年6月にはされていたもので、メーガン妃が長男アーチーくんを出産したあたりから、今回の「王室離脱」を視野に入れていたことがうかがえます。

商標の登録分野はファッションから書籍まで100を越える項目にわたり、カレンダーやノート、ポストカード、ペンや鉛筆などの文房具、オフィス用品、靴や洋服、Tシャツ、パジャマ、帽子やバンダナ 、ソックス、手袋など、さまざまなグッズを作る予定でした。順調にいけば、このビジネスで年間100億円もの収益が見込まれます。

しかし、ここへ来て商標登録にトラブルが発生。ロンドンで2014年まで医師をしていたオーストラリア人の男性が商標登録の申請に「異議申し立て」をしたのです。

これには、正式に商標登録が認められるまでには、登録申請後一定の期間が設けられ異議のある人はその間に申し出る仕組みが関係しています。「サセックス・ロイヤル」の異議のしめきりは2月20日でしたが、今回の申し立てによって3月20日まで延長されることになりました。

つまり、まだ「サセックス・ロイヤル」の名を使って、グッズ販売などはまだできないということ。しかし、今回のトラブルの原因となった男性がなぜ異議申し立てをしたのかは不明です。そのため、3月20日までに何事もなければ、無事商標登録は認められるでしょうが、夫妻にとっては出鼻をくじかれた感じですね。

【イギリス王室】連日バッシングを受けるメーガン妃…自分の道を行くプリンセスの「計画」とは 海外ドラマboard

エリザベス女王から出された厳しい「王室離脱」の条件

LONDON, ENGLAND - DECEMBER 19: Queen Elizabeth II delivers the Queen's Speech in the House of Lord's Chamber on December 19, 2019 in London, England. In the second Queen's speech in two months, Queen Elizabeth II unveiled the majority Conservative government's legislative programme to Members of Parliament and Peers in The House of Lords. (Photo by Paul Edwards - WPA Pool/Getty Images)

1月18日にエリザベス女王がヘンリー王子の王室離脱について、正式に次のような声明を発表しています。

「何か月にも渡る会話、さらに最近の議論を経て、孫とその家族の今後を応援する建設的な方法を一緒に見つけられたことを喜んでいます」

「ヘンリーとメーガン、アーチーは今後も愛する家族です。私は、彼らがこれまで2年間、厳しい監視に晒されたために経験した困難を認識しています。またもっと独立した生活を送りたいという彼らの望みを応援しています。彼らがこの国やコモンウェルス諸国やそれを超えた地域で行ってくれた献身的な仕事に感謝しています。特にメーガンがあっという間に私たちの家族の一員になってくれたことを誇りに思います。今日の取り決めによって、彼らが幸せで平和に満ちた新しい生活を始められることを家族みんなが祈っています」

出典元:https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a30580247/prince-henry-duchess-meghan-200119/

JOHANNESBURG, SOUTH AFRICA - OCTOBER 02: Prince Harry, Duke of Sussex and Meghan, Duchess of Sussex visit a township to learn about Youth Employment Services on October 02, 2019 in Johannesburg, South Africa. (Photo by Chris Jackson/Getty Images)

エリザベス女王はヘンリー王子夫妻の意志を尊重して、合意にいたったということですが、条件として出された事柄は、少しシビアなものがあります。

2020年春から施行される予定の取り決めは以下の通りです。

「サセックス公爵夫妻は、軍隊の任務を含め王室の公務から引退する」

「公費は受け取らない。女王の賛成を得て今後も私的なパトロンや支援者を務める。今後は女王の意思を正式に代弁することはないが、2人は女王の価値を高める以外の行動は取らないと明らかにしている」

「夫妻は公務から引退するのに伴い『HRH(殿下・妃殿下)』の称号を使わない。今後もイギリスで過ごすときにはフロッグモアコテージに住み、2人はコテージの改修に使われたソヴリングラント(王室の活動費)を返金することに同意している。警備に関する取り決めについてはコメントしない。公費を使った警備に関しては別の話し合いで決定する必要がある」

出典元:https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a30580247/prince-henry-duchess-meghan-200119/

注目したいのは、最後の取り決めです。「殿下・妃殿下」の称号は今後は使えませんが、「サセックス公爵夫妻」としての爵位は残るので問題はなさそうです。

また、夫妻がイギリスで居住していたフロッグモア・コテージの改修費を返還する問題があります。修繕費は、240万ポンド(約3億4500万円)といわれており、決して安い額ではありません。

しかし、王室からの公費を受け取らなくても、ヘンリー王子はさほど困らないのです。というのも、王子の収入の95%は、父であるチャールズ皇太子が所有するコーンウォール公領の収益であり、いわば私費なのです。チャールズ皇太子がこの私費を打ち切らない限り、経済的には安泰といえるでしょう。

【イギリス王室】ヘンリー王子夫妻が「引退」表明!今後の活動と収入はどうなる!? 海外ドラマboard

Netflixとの契約は実現する?

JOHANNESBURG, SOUTH AFRICA - OCTOBER 02: Prince Harry, Duke of Sussex and Meghan, Duchess of Sussex attend a Creative Industries and Business Reception on October 02, 2019 in Johannesburg, South Africa. (Photo by Chris Jackson/Getty Images)

今回報道されたNetflixの契約ですが、これに関してはまだ不明です。前述したように収入がチャールズ皇太子から出ている以上、「経済的自立」とはいえず、商業的契約を結ぶのはなかなか難しい一面もあります。

チャールズ皇太子や夫妻に援助をしている団体が、こういった契約について決定を下す権利を有するのでは?という見方もあるのです。また、取り決めの「女王の価値観を高める以外の行動はとらない」に対して、この契約はどうとられるのか?も疑問です。

しかし、メーガン妃は、Netflixのようなエンタメ業界とのつながりは、絶対に持っておきたいでしょう。妃は人気ドラマ『SUITS/スーツ』のレイチェル役としてブレイクしたものの、結婚のために女優を引退しています。いわば女優としての代表作は、まだ『SUITS/スーツ』しかないということになります。

自由に活動できるとしたら、まずは女優復帰を目指すのではないでしょうか。

アメリカの大統領選に介入するとのウワサも浮上!

LONDON, UNITED KINGDOM - JANUARY 10: (EMBARGOED FOR PUBLICATION IN UK NEWSPAPERS UNTIL 24 HOURS AFTER CREATE DATE AND TIME) Meghan, Duchess of Sussex visits Smart Works on January 10, 2019 in London, England. Kensington Palace announced today that The Duchess of Sussex has become Royal Patron of four organisations including Smart Works, The National Theatre, The Association of Commonwealth Universities (ACU) and Mayhew. (Photo by Max Mumby/Indigo/Getty Images)

英大衆紙「デイリー・メール」が報じたところによると、メーガン妃は今後、アメリカの大統領選挙活動に介入する可能性があるとのこと。妃はもともとは政治に関心があり、自分の考えを持った女性です。過去にはトランプ大統領を批判していたこともあります。ところが、王室では政治的意見を述べたり、政治活動をすることは厳禁です。そのこともメーガン妃のストレスの原因だとといわれています。

また、メーガン妃は結婚前に親しい友人に「アメリカの大統領になることが究極の野望」と語っていたこともあったとか。

大きな夢を抱くメーガン妃。ヘンリー王子と二人で成し遂げられるでしょうか。

【英国王室】英TVで「苦悩」を訴えたメーガン妃をヒラリー・クリントンが擁護? 海外ドラマboard

【イギリス王室】ヘンリー王子&メーガン妃がロイヤルファミリーから孤立?各界から擁護の声も 海外ドラマboard

【ベストドレッサー】2019年「最もパワフルなドレッサー」に選ばれたのはメーガン妃! 海外ドラマboard