PKキッカー剥奪のジェズス、あの「GK」をPKキッカーに推す

©株式会社コリー

プレミアリーグ王者マンチェスター・シティはFAカップ4回戦でフラムを4-0で撃破した。

先制点は開始8分でのPK。ただ、PKを貰ったのはガブリエウ・ジェズスだったが、蹴ったのはイルカイ・ギュンドーアンだった。そのシーンがこれ。

動画を見たい場合はここをタップ!

ギュンドーアンのキックは方向を読まれたが、ぎりぎりのコースを突いてネットを揺らした。

ジェズスはこの後に2ゴールしており、もしPKを決めていればハットトリックだったはず。

ただ、今季はすでに3本も外しており、本人もPKが苦手と認めた。『Evening Standard』によれば、こう述べたそう。

ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティFW)

「自分はいつだって正直だ。(PK)練習ではミスよりも決めるほうが多い。

もし5本蹴れば、1本はミスするか、ミスしない時もある。試合では違うね。

今季3本蹴った。2つはシティ、ひとつはブラジル代表で。3本全部ミスした。

3本連続で外していれば、次のPKで得点するのにプレッシャーがかかる。だからチャレンジさ。

もっと練習して上達しなければいけないと心に留めているよ。

通常は試合前のロッカールームに監督がPKキッカーを書いた紙を貼る。

この前の試合は自分がキッカーだったし、通常シティでは僕が蹴る。でも、今日はGundo(ギュンドーアン)だった。

これもフットボールさ。立ち止まって、改善し、強くなって戻って来なければいけない時もある」

「エデルソンはとてもクールなやつだ。(例えPKでも)彼は冷や冷やしないのは事実さ。

もし監督が彼に蹴れと言ったら、彼はPKを決めると思うね」

かねてよりPKを蹴りたいと口にしているシティのブラジル代表GKエデルソン。ジェズスは試合でも決めるはずとPKキッカーとしての資質を認めていたとか。