<あのころ>戦時下の軍事教練

「銃後の守り」強要

©一般社団法人共同通信社

1942(昭和17)年1月28日、太平洋戦争が始まって間もないころ、かっぽう着姿で銃を担いで行われた軍事教練。国家総動員体制がとられ、国民生活の全てが戦時一色に。学校でも地域でも派遣将校や国防婦人会などを中心に「銃後の守り」が強要され、竹やり戦闘訓練やバケツリレーの防火演習が盛んに行われた。