労使とも賃上げの必要性は一致

春闘、連合・経団連トップ会談

©一般社団法人共同通信社

会談する連合の神津里季生会長(左端)と経団連の中西宏明会長(右端)=28日午前、東京・大手町の経団連会館

 連合の神津里季生会長と経団連の中西宏明会長が28日、東京都内で会談、2020年春闘の攻防が本格化した。中西会長は「ここ連続で続いているモメンタム(勢い)は大事だ」と強調、労使とも賃上げの必要性で一致した。一方、神津会長は「うねりは社会全体になっていない。分配構造の転換につながり得る春闘にしたい」と、中小企業で働く人たちや非正規労働者ら幅広い労働者が実感を得られる形の賃上げを求めた。

 今春闘は米中貿易摩擦などで景気の減速感が漂う中、ベースアップを含む賃上げを持続できるかどうかが焦点。組合側は2月中旬ごろに経営側に要求書を提出。大手の回答は3月中旬がヤマ場。