『Mステ』“お約束”の放送事故!? 『SixTONES』ズブ濡れで「顔見えない!」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

1月24日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した『SixTONES』の演出が、視聴者からの注目を集めた。

「SixTONES」が披露したのは、22日に発売されたデビュー曲『Imitation Rain』。番組で歌うのは年末放送の同特番『SUPER LIVE』を含めて3回目となり、「大物アーティストが提供したアイドルソング」というVTR企画では、作詞・作曲を務めた『X JAPAN』のYOSHIKIからメッセージが寄せられた。

「SixTONES」は大トリでのパフォーマンスとなり、雨が降るという曲名に合わせた特別な演出で歌うことに。イントロからダンスに合わせて水しぶきを上げると、床にたまった水を勢い良くすくい上げ、カメラに水滴を浴びせるパフォーマンスを繰り広げていく。

曲が進むとスタジオには雨が降り、メンバーはズブ濡れになりながら歌とダンスを続行。バックが赤いライトで照らされるとパフォーマンスはさらに激しさを増し、飛び交う水しぶきとズブ濡れのメンバー、カメラに付いた水滴が印象的なパフォーマンスとなった。

 

ジャニーズのお家芸とYOSHIKIの演出がミックス?

あまりの水の量に、一部ではこれが放送事故だと勘違いする視聴者も。ツイッターを見ると、

《放送事故?だなんてちまたでザワつくくらいのパフォーマンス》
《若干放送事故かと思うくらいのずぶ濡れ具合だなw》
《ちょっと…びちょびちょ過ぎやしないか》
《Mステの演出軽く事故ww》
《あれ放送事故だよな、、?? 途中顔見えんかった》

などといった声が上がっていた。

「『Imitation Rain』のミュージックビデオは雨の中歌って踊るもので、今回はそれを再現した演出。赤いバックライトも、雨の後ろで炎が燃えるMV内シーンの再現か、YOSHIKIが『Mステ』で『UNFINISHED』を披露した際に降らせていた赤い雨のパロディーでしょう。ジャニーズと雨の組み合わせも定番で、亀梨和也の『Rain』、『NEWS』の『太陽のナミダ』、『TOKIO』の『フラれて元気』、『ジャニーズJr.』が歌った『NYC』なども雨が降る演出をしていました。『少年隊』が『ふたり』を屋外で披露したときは、放水車2台とヘリコプターで番組史上最多となる3トン以上の水が雨として降らされています。ちなみに『SixTONES』の松村北斗と髙地優吾は、『NYC』を歌ったJr.のメインメンバーでした」(ジャニーズライター)

同時デビューした『Snow Man』ともども「イケメンが少ない」「顔面レベル低過ぎ」などと、一部から陰口されている「SixTONES」。しかし、今回は雨のおかげで〝水も滴るいい男〟に映ったかもしれない。

 

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock