1億5千万円支出に党内で異論

河井案里氏への資金で自民総務会

©一般社団法人共同通信社

 自民党が28日開いた総務会で、昨夏の参院選の際に河井案里参院議員側に党本部から計1億5千万円の政治資金が支出されたことへの異論が相次いだ。「公平性が必要ではないか」といった不満の声や事実関係の説明を求める意見が3人から出たという。

 鈴木俊一総務会長は記者会見で、支出額の多さに関し「自分自身と比べれば破格という気はする」と述べた上で、選挙資金は必ずしも全員一律で支給するものではないと指摘した。