乃木坂46が自撮りする様子が可愛すぎた

©103R株式会社

乃木坂46の梅澤美波さん、遠藤さくらさん、賀喜遥香さん、久保史緒里さん、齋藤飛鳥さんが27日、都内で開催された『令和2年「はたちの献血」キャンペーン PRイベント』に出席。5人は60秒の自撮り動画を撮影し、今年挑戦したいことなどを明かしてくれました!

「はたちの献血」キャンペーンは、献血者が減りがちな冬期の輸血用血液の確保、そして医療機関への安定的な血液製剤供給を実現するため、「はたち」の若者を中心に献血に対する理解と協力を求めることを目的としているもの。1975年から、毎年1月~2月の期間にわたって実施しています。

2年連続でキャンペーンキャラクター就任となった齋藤さんは「昨年こうやって、キャンペーンキャラクターとして過ごしていく中で、こんなに輸血を必要としている方がたくさんいるんだっていうことにすごく驚きましたし、その方々のための献血が、いかに大切なことなのかっていうのも、すごく学んだので、リアルに実感できて、すごくありがたい機会だったなと思っています」と回想。

「今年もその思いをより一層、沢山の方々に伝えていけたらなと思っております」としたうえで「若い世代の方々が、どんどん繋げていかないといけないなと思っているので、また今年も何か力になれれば」とも続けていました。

当日は、5人が激励の言葉を直筆し、全国の献血センターを廻るオリジナルフラッグを制作。また「はたちの献血」YouTubeアカウント用の1ヶ月限定60秒動画を、ステージ上で撮影することに。制限時間60秒という中で自撮りにチャレンジした皆さんのワチャワチャ感がたまらなかったので、忠実に文字で再現したいと思います!

齋藤さん「はい、じゃあ、回しまーす!よーい、スタート!皆さんこんにちは!せーの!」

全員「乃木坂46です!」

梅澤さん「梅澤美波です。今年は色々なメンバーとの交流を深めるべく、色々なメンバーをご飯に誘いたいと思います!そして、献血ルームには温かい飲み物などもございますので、皆様ぜひ足をお運びください!」

久保さん「皆さんこんにちは、久保史緒里です。私はお芝居のお仕事に挑戦しつつ、お休みの日にはメンバーと旅行に行ってみたいなと思っています。皆様も献血ルームに行く際には、ぜひ友達やご家族を誘ってみてください!よろしくお願いします」

~30秒経過の報せ~

齋藤さん「あ、はい!齋藤飛鳥です!えーっとぉ、えーっとぉ…(笑)。今年も変わらず、メンバーやファンの方々と、沢山うれしさや喜びを共有して、メンバーとはたくさん絡んで、たくさん繋がっていけたらいいなと思います。ファンの方々には、献血を通して、いい繋がりをまた広げていけたらと思っています。お願いします」

遠藤さん「遠藤さくらです!えーっとぉ、えーっとぉ、えーっとぉ、えーっとぉ…乃木坂46の2年目、最高に優しい先輩方と一緒に盛り上げていきたいです。また、献血推進もこのメンバーで盛り上げていきますので、同世代の皆様、ご協力よろしくお願いします」

賀喜さん「賀喜遥香です。あ、こんにちは(笑)。私は四期生として、歌やダンスを勉強しつつ、演技にも新しく挑戦したいと思うので、皆様も是非、献血にチャレンジしてみてはいかがでしょうか」

齋藤さん「皆様!」

全員「献血にご協力、よろしくお願いします!」

齋藤さん「カット!(笑)」

なんともかわいい収録の後、今年の目標について改めて聞かれた久保さんは「私はお芝居に、まずは挑戦したいなと思っていて。昨年は、舞台に立たせていただいたりだとか、映像のお芝居にも挑戦させていただいた年だったので、今年はさらにそれを深められたら」とコメント。また「私は地元が宮城県なんですけれども、東北が私自身とても大好きなので、東北にメンバーを連れて旅行に行くのが夢なので、今年それが叶えられたらいいなと思っています」と頬を緩めていました。

梅澤さんは「もともとすごく仲が良いグループなんです」としたうえで「まだまだあんまり深く話せていない四期生とかもいるので、ご飯に誘ってみたりとか、もっと交流を深められたらいいなあなんて思っています」と、後輩一人一人とのコミュニケーションを重視していきたい様子。

遠藤さんは「加入して2年目なので、去年よりも、もっといろいろなことに積極的になって、メンバーの一人として、もっともっと貢献出来たら」とフレッシュさ溢れる目標を掲げていました。

その後、メンバーを代表して改めてマイクを握った齋藤さんは「20歳を迎える皆様を中心に、若い世代の方々に、もっと献血のイメージを身近に感じていただけるように、私たちも引き続き頑張らなければならないなと思っています」と発言。そして「『他の誰かがやってくれるからいいや』という気持ちではなくて、自分一人でも必ず何か役に立てるということを、皆さんに知っていただけたらすごくうれしく思います。まずは、一歩踏み出して、献血会場に行っていただけたらすごくうれしいので、その一歩が誰かの希望になると信じて、皆さんも協力していただけたらいいなと思っています」と呼びかけていました。