日テレは「東京2020オリンピック」でバドミントン、マラソンなど放送

©株式会社東京ニュース通信社

7月24日に開幕する東京2020オリンピックにて、日本テレビ系で生中継する競技・種目が決定。同局の中継でキャプテンを務める明石家さんま、スペシャルサポーターの上田晋也、スペシャルキャスターの有働由美子の3人が熱戦の模様を伝えていく。

8月2日は、「BMXフリースタイル パーク(男子/女子)決勝」(午前10:00)を放送。新種目となるBMXフリースタイル パークはさまざまな大きさのジャンプ台でのアクロバティックなジャンプの難度や完成度を競う採点競技。去年、日本男子初のワールドカップ年間王者となった17歳・中村輪夢選手の初の金メダルに期待がかかる。同じく2日には「バドミントン シングルス(男子)準決勝/シングルス(女子)決勝」(午後1:00/午後8:30)を放送。世界王者・桃田賢斗選手にメダルの期待がかかるバドミントン男子シングルス。史上初の金メダルを狙う重要な一戦のほか、夜には女子シングルス決勝も放送。奥原希望選手の銅メダルに続き、2大会連続でのメダル獲得となるか見逃せない。

8月5日、6日には、「レスリング 女子フリースタイル62kg級 決勝/57kg級 決勝」(午後6:15)を放送。リオ2016大会の金メダリスト川井梨紗子選手にメダルの期待がかかるこの種目。4連覇女王・伊調馨選手を破っての出場で、連覇を目指す戦いを前日の予選から完全放送する。さらに妹・友香子選手にメダルの期待がかかる女子フリースタイル62kg級 決勝と合わせて注目だ。また、8月6日には「スケートボード パーク(男子)決勝」(午前9:00)も放送。新種目となるスケートボード パークは、そのスピード感やエアの高さが魅力の採点競技。平昌2018大会スノボードハーフパイプの銀メダリスト・平野歩夢選手の夏冬メダルに期待が膨らむ。

そして 8月8日には「マラソン(女子)決勝」(午前7:00)を放送。高橋尚子や野口みずき、有森裕子などオリンピックで数々のメダルを獲得してきたマラソン(女子)。今回は前田穂南選手、鈴木亜由子選手らに期待がかかる中、北海道・札幌の新コースで世界を迎え撃つ戦いに注目だ。またこの日は、新体操やアーティスティックスイミング決勝も放送する。