東日本太平洋側で突風に注意

関東・東北は大雨の恐れ

©一般社団法人共同通信社

 前線を伴った低気圧の接近に伴い、29日朝にかけて東日本で大気の状態が非常に不安定となる見込みで、気象庁は28日、東日本の太平洋側で竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうに注意を呼び掛けた。また関東は29日明け方にかけ、東北は同日にかけて大雨の見通し。

 気象庁によると、低気圧は29日朝に関東を通過し、三陸沖を北上する。低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、北日本の海を中心に非常に強い風が吹き、大しけとなる。

 29日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は北海道23メートル(35メートル)、東北20メートル(30メートル)。