ボクシング多田VS宮尾引き分け

女子ミニマム級王座は空位のまま

©一般社団法人共同通信社

WBO女子ミニマム級王座決定戦で引き分けた多田悦子(右)と宮尾綾香=後楽園ホール

 世界ボクシング機構(WBO)女子ミニマム級王座決定戦10回戦は28日、東京・後楽園ホールで行われ、38歳の多田悦子(真正)、36歳の宮尾綾香(ワタナベ)による元世界王者対決は三者三様の判定で引き分けた。王座は空位のまま。

 サウスポーの多田はワンツーを主体に闘った。宮尾は上下に打ち分け、左右のフックを当てたが、両者ともに決定打に欠けた。