北欧紙、コロナウイルスで風刺画

中国が謝罪要求

©一般社団法人共同通信社

27日付のデンマーク紙ユランズ・ポステンが掲載したコロナウイルスを描いた中国国旗の風刺画(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】北欧のデンマーク紙ユランズ・ポステンが中国国旗にある五つの黄色い星を、感染が拡大する新型コロナウイルスに置き換えた風刺画を掲載し、地元の中国大使館が28日、謝罪を要求した。欧米メディアが伝えた。同紙は「中国をあざ笑う意図はない」と強調し、謝罪に応じない構えを示した。

 風刺画は「コロナウイルス」との題で27日付の同紙に掲載された。

 中国側は「文明社会や言論の自由の倫理的境界線を越えた」と表明。中国への侮辱であり中国人を傷つけたとして、同紙と漫画家に過ちを認め中国国民に謝罪するよう求めた。