【コラム・天風録】「安倍ルール」?

©株式会社中国新聞社

 「一般論」と断るとは言い逃れにも程がある。昨年夏の参院選広島選挙区に立った河井案里氏の陣営に、公認した自民党本部から1億5千万円が渡っていた。国会で問われた党総裁の安倍晋三首相は「一般論として申し上げれば」「何の問題もない」と悪びれもしない▲他人の懐を探り、あれこれ言うのではない。自民党本部の収入は3分の2が政党交付金だ。つまりは税金にほかならない。億単位の金を右から左へ渡すのが一般的とでもいうのだろうか▲聞けば、同じ選挙区の顔で追い落とされた党公認のベテランに回された選挙資金は10分の1だったという。選挙で運動員に法定額の倍の日当を払うのを「河井ルール」と呼ぶのに倣えば、10倍の差をつけるのが「安倍ルール」かもしれない▲威光にあずかれるのは、首相後援会も同じらしい。5千円で都内有数のホテルで祝宴にありつけるし、地元では貴賓室のある老舗旅館での新年会が3千円ぽっきりという。桁外れのもてなしを一般客も望めるのか、ルールを知りたい向きは多いはず▲当のホテルや旅館に尋ねてみたくなる。その料金で、まるっきり同じうたげを再現してもらえるか―。「一般論」などではなく。

1億5000万円が波紋 自民広島県連「あまりにも巨額」

河井案里氏 1億5000万円「もらったが、違法ではない」

河井氏疑惑、政権に「打撃」

中国新聞 トップページ