中国肺炎感染者、SARS上回る

世界各国6千人超

©一般社団法人共同通信社

中国・武漢の病院で新型肺炎患者の対応に当たる医療従事者=28日(新華社=共同)

 【北京共同】中国政府は29日、新型コロナウイルスによる肺炎で、中国本土の感染者が5974人に増えたと発表した。世界各国の合計では6千人を超えた。中国メディアによると、中国本土では2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染者数5327人を上回った。

 中国本土の死者は132人となった。湖北省で25人、河南省で1人がそれぞれ前日発表より増えた。また、新たにチベット自治区で1人の感染疑い例が確認された。確定すれば、中国の31の省・自治区・直轄市全てで感染者が出たことになる。

 死者の大多数は最初に肺炎が確認された湖北省の住民。