不倫芸能人のテレビ出演は是か非か? 長嶋一茂&石原良純らが大激論!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系では1月29日に「隣のトラブルモンスター」(午後9:00)を放送。去年3月に放送した企画の第2弾となり、実際にあった身近なトラブルの数々を実際の映像や再現ドラマで紹介する。MCを長嶋一茂、石原良純が務め、ゲストに名倉潤、IKKO、小倉優子、古谷経衡、菅野朋子を迎える。

スタジオで一番熱く語らたのは「モンスターママ」。わが子を思うあまり、野球のルールや学芸会のあり方まで変えさせるなど、教育現場が激変。さらにママたちのクレームは学校にとどまらず、「桃太郎」や「さるかに合戦」など昔話の結末も様変わりしているという。ゲストの小倉が「桃太郎は鬼を退治しにいくけれど、けんかするんじゃなくて、話し合えばいいと思ってしまう」と現代の親たちのクレームに理解を示すと、スタジオでは「昔話は変えない方がいい」という意見が大半を占め大反論。小倉が「私もモンスターママですね…」とショックを受ける一幕も。

さらに、テレビ局も視聴者からのクレームに配慮をしすぎているという議論に発展し、名倉は「不倫した人がテレビに出ているとクレームがくるが、親と話し合う機会になる」と持論を展開。名倉は不倫した芸能人がテレビに出ていると、小学生の子どもと「不倫芸能人がテレビに出ていいか討論」をすると言い賛否両論。そしてその流れで、一茂はスタジオの反対を押し切って不倫の話題を小倉に振ってしまう。「不倫をしているのは実は女性の方が多い」という統計に対して、小倉は「私の周りでも旦那さんがいても“恋人”がいるという人がいるけど、本当に少人数。でも男の人が浮気しているのはいっぱい聞く!」と反論する。