加藤厚労相、新型肺炎に危機感

「新たなステージに来た」

©一般社団法人共同通信社

参院予算委で答弁する加藤厚労相=29日午前

 加藤勝信厚生労働相は29日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、国内で人から人に感染したとみられる初事例が生じたことについて、危機感を示した。「これまでとは事象が違うとの認識を持って対応しなければならない。新たなステージに来た」と述べた。

 加藤氏は、中国湖北省武漢市からの帰国者に関し「症状がなくても全員健康管理をしっかりフォローしたい」と国会内で記者団に語った。

 予算委で安倍晋三首相は「政府の最大の使命は国民の生命を守ることだ。しっかりと拡大防止に向けて全力を尽くす」と表明した。