森田美勇人の“妄想”をドラマで再現! 予測不能の展開にイケダンたちは大困惑!?

©TOKYO MX

7人の“イケダン”が特技や経験を活かし、世のため人のために1放送1善を目指すTOKYO MX(地上波9ch)のバラエティ番組「イケダンMAX」(毎週木曜25:05~)。1月23日(木)深夜の放送では、「美勇人の青春妄想劇場!」と題し、森田美勇人が講師となって“自作の妄想ドラマ”を熱演しました。

世の中の役に立つことなら何でも請け負う「助っ人屋 イケダン」。MCのタイムマシーン3号扮する社長・関太と店長・山本浩司に雇われた、安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央の“イケダン”たちが出勤中!

◆森田が自らの“妄想”を再現!

自分の得意分野について、イケダンたちをはじめ、世の中にその魅力を広めるべく「イケダン講座」をお届け。好評を博した萩谷の“スティールパン講座”、阿部の“サウナ道”、諸星の“貝になりたい!”に続き、今回は森田が“妄想ドラマ”をテーマに「イケダン講座」を開催しました。

「青春ドラマを妄想するのが大好き!」と豪語する森田は、いつも自分を主人公に置き換えてさまざまなシチュエーションを妄想して楽しんでいるそう。そこで今回、森田が監督・主演をこなし、自らの妄想を再現した即席ドラマを撮ることに!

まずはフリップで登場人物を発表していきます。

主人公を演じる森田のほかに、森田の親友役に諸星、森田が恋心を抱いている女子A子役に安井、親友が恋心を抱いている女子B子役に関社長を指名。

自身の配役に「完璧!」と自信をのぞかせる森田。続いて、役から漏れた真田、萩谷、長妻、山本店長の役割が告げられます。森田が「さなぴー(真田)は朗読(ナレーション)。あとの3人は効果音」と指名すると、萩谷から「は? 効果音付けてもらってよ!」とクレームが。しかし、森田は「手作りでやりたいんで」と却下し、大まかなストーリーを紹介していきます。

好きだけど告白できずにいる男子2人。そして、その恋心に気づいていない女子2人。そんな男女の「苦くて甘い恋模様を妄想したショートストーリー。主演の僕とA子が環境も性格も違うなか、どうやって恋仲になるかが見どころ。と同時に親友の恋の動向もある」と森田は自信たっぷり。

続いて4人が演じる役名を、監督である森田が命名。自身が演じる主人公はミュウトで、親友役の諸星はショウキ。そして、安井演じる女子A子はヤス子、関社長演じる女子B子はフト美となりました。

◆「美勇人の青春妄想劇場!」クランクイン!

即席ドラマを演じる4人は早速10分間の稽古をし、「美勇人の青春妄想劇場!」がクランクイン。

真田がナレーションを読み上げるなか、萩谷は道具を使い自転車をこぐ音を再現。森田が演技をしていると、山本店長は「ちょっと1回待ってもらっていい? いろいろ情報が多過ぎて、(話が)入ってこない! ハンドルの持ち方が、田舎のヤンキーの鬼カマキリハンドル」とツッコミを入れ、笑いを誘います。

撮影は頭からやり直しに。夏のある日の早朝、ミュウトが自転車をこいでやってきたのは、ひそかに思いを寄せるヤス子が住む豪邸。ミュウトは、道端に転がっていた小石を拾い、ヤス子の部屋の窓をめがけて投げようとしたところで、萩谷は早まって効果音を鳴らしてしまいます。演じるシーンとはまるで異なる鐘のような音色に、「今のは、佐野厄除け大師!」と間髪入れずツッコミを入れ、爆笑をさらう山本店長。カットがかかったところから、またも仕切り直しとなります。

窓を開け、眠そうな表情で顔を出すヤス子。「誰? ミュウト……何時だと思っているの? あとで電話するから!」と安井が女子役を見事に演じてみせるも、真田がナレーションを飛ばしてしまいNG。

ミュウトは、ヤス子を自転車の後ろに乗せ、森を抜けた先にある小高い丘へ。森田と安井はミスなく演じていたものの、真田がナレーションで「柵」を“たな”と読み間違えてしまう痛恨のミス。

2人が着いた丘には柵があり、そこには“立ち入り禁止”と書かれた立て看板が。ミュウトは強引にヤス子の手を引いて、立ち入りの柵を乗り越えます。すると、何かを見つけたかのように、突然1人で走り出すミュウト。

ここで、草むらを走る効果音を、スナック菓子を荒々しくかじって見事に再現する長妻。予想だにしなかった長妻の驚愕のセンスを、山本店長は「めっちゃ、いいじゃん!」と大絶賛。

追いついたヤス子が目にしたのは、朝日を浴びて輝くミュウト。その姿を目にし少しときめいてしまいます。そして、目の前に広がる美しい景色に「すごい……きれい……」と思わず声を漏らすヤス子。

「よし、じゃあそろそろ行こっか」と言うミュウトに、「え……嘘でしょ? この景色を見せるためだけに早起きさせられたの?」とヤス子。そんなやり取りをしている2人を、萩谷が急に遮るように「あの……この辺でこういう感じの鳥見ませんでした? ピーちゃんって言うんですけど……」と問いかけます。

いきなりの急展開に、「怖っ!」と困惑する山本店長。さらに演技は続いたものの、真田がナレーションを噛んだところで一旦ストップがかかります。山本店長が「さっきの萩ちゃん(萩谷)の急なアレは何?」と質問を投げかけるも、森田は「ここは伏線で後に効いてくるから」と説明。

グダグダな展開に、女優になりきった安井が「段取り悪い」とつぶやき、爆笑をさらいます。すったもんだで「美勇人の青春妄想劇場!」の撮影は押してしまい、いまだショウキとフト美は登場せぬまま、まさかの週またぎとなってしまいました。

次回1月30日(木)深夜の放送は、「美勇人の青春妄想劇場!」の後編をお届けします。お楽しみに!

放送はTOKYO MXのほか、無料動画配信サービス「エムキャス」で、全国でから番組がリアルタイムで視聴可能です。「エムキャス」はアプリまたはPCサイトから無料で視聴ができます。「エムキャスアプリ」から番組を視聴すると、Twitterのツイートと連動してお楽しみいただけますので、ぜひご利用ください。

詳しくは「エムキャスとは」のページをご覧ください。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:イケダンMAX
放送日時:毎週木曜25:05~25:35 「エムキャス」でも同時配信
出演:安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央
MC:タイムマシーン3号
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/ikedan_max/
番組Twitter:@ikedanmax