玉沢元農相銃撃、知人を起訴

殺人未遂罪適用せず、盛岡地検

©一般社団法人共同通信社

 盛岡市の自宅で玉沢徳一郎元農相(82)が銃撃された事件で、盛岡地検は29日、殺人未遂容疑で逮捕された知人で岩手県奥州市の農業高橋脩容疑者(83)=銃刀法違反(加重所持)罪で起訴=を暴力行為法違反の罪で起訴した。県警は「人に拳銃を向けて撃った」と殺意があると判断したが、地検は「証拠が集まらなかった」としている。

 起訴状によると昨年12月10日午後1時半~2時ごろ、至近距離から玉沢氏の足を狙って回転式拳銃を3発発射し、右太ももや左ひざなどに20日間のけがを負わせたとしている。

 高橋被告は事件直後、盛岡東署に自首し、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された。