JR九州、観光列車の改造を開始

全7県を巡る「36ぷらす3」

©一般社団法人共同通信社

塗装の塗り替えなどの改造が進むJR九州の観光列車「36ぷらす3」の車両=29日午後、北九州市

 JR九州は29日、今年秋から運行し、5日間で九州全7県を巡る観光列車「36ぷらす3」の車両改造を北九州市の工場で本格的に始めた。一部の特急に使っている電車787系を改造し、外観を塗り替えて黒い車体の6両編成にする。全てがグリーン車の103席を設ける予定で、一部はグループ向けの個室となる。

 この日、車両の改造作業を報道陣に公開。青柳俊彦社長は列車による地域活性化を目指すと強調した。社員らに「感動体験が生まれる素晴らしい九州一周の旅をつくっていこう」と呼び掛けた。デザインするのは豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手掛けた水戸岡鋭治氏。