選挙広告で了承なく「五輪組織委顧問」肩書使用 「共産党NO」広告で夏木マリさんに

©株式会社京都新聞社

【資料写真】夏木マリさん

 京都市長選に立候補している門川大作候補の選挙母体が26日付の京都新聞に出した選挙広告に、俳優の夏木マリさんが「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問」の肩書で推薦人となっていることについて、組織委は事前に把握していなかったことが分かった。

 組織委によると、「東京オリンピック・パラリンピック競技大会」の文言は知的財産で、使用は東京大会のパートナー企業に厳密に限られている。選挙母体の広告に使用されたことについて「組織委が賛同しているように見えてしまう」と指摘している。
 夏木さんの事務所は京都新聞社の取材に対し29日までに回答しなかった。