ATOMOS、ローランド「V-8HD」とATOMOSレコーダーの連携を発表。ライブ、マルチカメラコンテンツキャプチャの制御が可能に

©株式会社プロニュース

ATOMOSは、ローランドビデオスイッチャーでのライブ切り替えマルチカメラ撮影がこれまでになく簡単に行える、HDの記録とモニターを行う新しい技術協力を発表した。ATOMOSのモニターレコーダーでフィードを記録するときに、ローランドのHDビデオ・スイッチャー「V-8HD」でトリガー収録がスイッチャーから直接可能となった。

V-8HDとNinjaなどのATOMOSモニターレコーダーを組み合わせることで、V-8HDでカメラ側の録画中ステータスを確認可能。3つのHDMI出力により、最大3台のATOMOSデバイスを接続して、トリガー、モニター、記録が行える。また、HDMI経由でV-8HDからレコーダーの録画開始、停止をコントロール可能。

ATOMOS CEO Jeromy Young氏は次のようにコメントしている。

新しいRoland V-8HDで特に気に入っているのは、オールインワンデザインと、ユーザーがスイッチングやライブ収録の時にマルチカメラコンテンツの切り替えを一括管理できることです。

将来、マルチカメラ撮影がシームレスに連携するためにはさまざまなテクノロジーが必要です。コラボレーションとテクノロジーの結合は、マルチカメラの制作ワークフローをより効果的にする最良の方法です。一貫性がありコスト効果が高いため、この方法でより多くのコンテンツ作成者が撮影できます。

この制作ワークフローはATOMOSが強く信じているものであり、新しいローランドのスイッチャーV-8HDは、実際に行われている素晴らしい例です。