ラグビー日本代表・稲垣啓太、福岡堅樹、堀江翔太を特集! それぞれが明かす真相とは?

©株式会社東京ニュース通信社

1月30日のフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」(木曜午後9:00)では、昨年日本中を熱狂させた「ラグビーワールドカップ2019」に出場した稲垣啓太選手、福岡堅樹選手、堀江翔太選手がそれぞれの真相を告白する。

最初に登場するのは、“笑わない男”として人気者となり、今やバラエティー番組などにも引っ張りだこの稲垣選手。昨年、稲垣選手が母校であるラグビーの超名門校・新潟工業高校のグラウンドを天然芝に変えるために300万円を寄付したというニュースが流れた。実はこの年、新潟工業高校・ラグビー部は新入部員が激減し、存続の危機に立たされていた。そこで、かつて稲垣選手も指導したラグビー部の監督が新入部員勧誘のために考えた秘策が、グラウンドを天然芝に改修することだった。

ところが業者に提示された300万円という見積もりに頭を抱えてしまう。そのピンチを救ったのが「稲垣くんにお願いしてみたら」という監督の妻の何げない一言だった。この時のことを稲垣選手は「金額も聞かず、その場で『いいですよ』と。金額が1000万円でも払ったと思います」と振り返った。なぜ監督夫妻は稲垣選手からの援助に目を付けたのか。番組ではこの真相とともに、稲垣選手の行動の背景にあった思いに迫る。

続いて登場するのが50m5秒8の俊足を世界に見せつけた福岡選手。福岡選手は、「ラグビーワールドカップ2019」終了後のインタビューで15人制ラグビーの代表引退を発表、「東京2020オリンピック」を最後に、幼いころからの夢だったという医師の道を目指すと宣言し世間を驚かせた。医師になるための勉強をしながら、大学でもトップレベルのラグビーを続けたかった福岡選手は、ニつの夢をかなえるため筑波大学の医学群を受験するも不合格、人生初とも言える大きな挫折を味わう。浪人中は、大好きなラグビーもできず、勉強にも身が入らないという状況だったという福岡選手。福岡選手の中で人生の転機となったこの時に、自らの進路に関して下した決断に迫る。

そして最後は、スクラムの中心となるフッカーというポジションで、日本代表チームを10年にわたって支え続けるベテランの堀江選手。堀江選手は「ラグビーワールドカップ2019」開幕前の昨年3月に父親をがんで亡くしていた。堀江選手の父親は日本中を飛び回る着物の営業マンで、堀江選手には幼少期に父親と過ごした記憶がほとんどないという。それでも大学卒業後にラグビーの本場・ニュージーランドへの留学をしたいという希望を伝えると、大反対する母親に対し父親は「自分が決めた道だ、行ってこい」と彼の決断を後押ししてくれた。

この留学経験をいかし、堀江選手は2009年に初めて日本代表に選出される。順風満帆かと思いきや、この頃、父親がステージ4の大腸がんと診断され、余命数カ月と宣告されてしまう。2009年に余命宣告された父親が10年間生き抜いた奇跡の裏にあった、堀江選手と亡き父親との絆とは?