渋谷すばるのツアーグッズ完売→フリマアプリ転売相次ぐ 定価4倍での取引成立も

©株式会社ジェイ・キャスト

元「関ジャニ∞」でアーティストの渋谷すばるさん(38)が、ソロアーティスト活動を始めて初のソロライブツアーを開催している。

スヌードが「箱買い」で転売されている?(メルカリより)

2020年1月28日に幕張メッセ(千葉県)で初日が開幕したが、渋谷さん本人にまつわるとあるグッズが一部ファンに買い占められ、短時間で完売したのではないかというファンの悲鳴が上がっている。

愛用と同じデザインのスヌード

渋谷さんのジャニーズ事務所退所後初のライブツアー「渋谷すばる LIVE TOUR 2020『二歳』」は、1月28~29日に幕張公演が行われた。この2日間、グッズのひとつの「スヌード」(首に巻く布)が、グッズ販売開始からファンが殺到し、早々に完売したという、28日は約1時間で、29日に至っては約30分で完売したという情報がツイッターに投稿されていた。

スヌードは渋谷さんが普段使っているものと同じデザインでグッズ化したもので、渋谷さん自らツアー初日前に着用している様子をインスタグラムに「普段から愛用しているスヌードにツアータグ付けちゃいました。ちなみにツアーロゴも直筆です」と投稿していた。

幕張公演で早々に完売になったスヌードだが、一部のファンが大量に買い占めていたのではという証言が複数ツイートされている。販売待ち最前列の参加者が開始早々、段ボール1箱分を買い占めていたという「箱買い」を報告するツイートもあった。1人での大量購入に、個数制限や事後販売を求めるファンの意見も出ている。

フリマアプリ「メルカリ」を見ると、1月30日12時時点で十数件このスヌードの出品が確認されており、その多くは取引が成立している。中には購入者特典(購入額1万円以上)のグッズと共に、定価(1個5000円)を大幅に上回る約2万円で取引が成立しているものもあった。渋谷さんのソロライブツアーは、今後は3月8日の台北公演までに、海外も含めて8会場13公演が予定されている。