ミラン新星パケタ、移籍先候補にフィオレンティーナが急浮上…

©フットボール・トライブ株式会社

ミランのルーカス・パケタ 写真提供:GettyImages

ミランのブラジル代表MFルーカス・パケタが、フィオレンティーナに移籍する可能性が浮上しているようだ。イタリアメディア『Sportitalia』のアルフレッド・ペドゥーラ氏が伝えている。

2019年1月の移籍市場でミランに加入したパケタ。シーズン途中の加入ながら存在感を発揮し、ジェンナーロ・ガットゥーゾ元監督の下で期待の新星として注目を集めた。しかし、今シーズンは出場機会が激減。チームが4-4-2で戦っていることもあり、居場所を失っている状態だ。

精神的に追い詰めらている状態にあると報じられているパケタ。今冬の移籍市場でパリ・サンジェルマンやローマへ移籍するのではないかと噂されてきたが、新たなにフィオレンティーナが移籍先候補に浮上しているようだ。

報道によると、フィオレンティーナは今冬の移籍市場が閉まる前にパケタの獲得を実現させたい意向のようだ。追い込みをかけているという。

果たして、将来を嘱望されるパケタは、フィオレンティーナに移籍することになるのだろうか。