【衝撃】セリエAで生まれた「45mフリーキック弾」がイタリア中で話題!

©株式会社愛幸

トリノvsアタランタ戦で生まれた「45mフリーキック弾」が話題になっています。

セリエAで衝撃のゴールが飛び出す!

イタリア・セリエAの「トリノvsアタランタ」の一戦で、衝撃のゴールが飛び出しました。

試合自体はアタランタが前半からゴールラッシュの展開で、最終的に7-0の圧勝。前半28分にはロビン・ゴセンスのスーパーボレーが飛び出すなど、内容としても素晴らしいゲームでした。

しかし、もっとすごかったのは53分。ヨシップ・イリチッチの判断力の高さが光るフリーキック弾です。

アタランタの45mフリーキック弾がこれだ!

衝撃のゴールは、トリノのゴールキーパーが飛び出しており、戻る前にハーフライン付近でハンドを取られてしまう展開の中で生まれました。

アタランタのイリチッチはその状況を見て、素早くクイックリスタート。ロングシュートを放つと、キーパーの頭上を越えて見事ゴールに入りました。

冷静な判断力と、キック精度が光る一撃でしたね!