「タンスに服をしまう」のは理想論!?夫の言い訳に驚いちゃいました

©株式会社サンケイリビング新聞社

夫のお出掛け前のクローゼットは泥棒に入られた後の様相

「これはモノトリの仕業か!? 」というくらい荒れてしまうお出掛け前のクローゼット。

色々な洋服を着ては脱いでを繰り返しそのまま放置する夫。あまりに放置しているので、ためしにタンスに戻さずにそのままほっておきました。いつかは自分で気づいて片づけるであろう…。そんな私の淡い期待は裏切られ続け、だんだん高くなっていく洋服の山。夫に聞いてみました。

私「そろそろタンスにしまったら?どうして仕舞わないの?」
夫「すぐ着るから」
私「すぐっていつ?明日着ないよね?」
夫「1週間以内に着るよ」
私「これ全部着ないよね。タンスに入れた方がホコリもたまらないし、こどもの教育のためにもしまった方がいいよ」
夫「仕舞った方がいいのはわかってるんだけどね。それはやるべきなんだよね。でも、それは理想論でしかないのだよ。やりたいけどなかなかできないのだよ。」

理想論!?

次元の違う話になった私は説得を諦めました…。私が仕舞うしかないのかなぁ。ひとまず夫が昔使っていた昭和のタンスから、引き出しの開けやすい新しいタンスに買い替えてみることにします。

引き出しの開けやすさもかなり重要ですよね。開けにくいと開けたくないから仕舞うこともできない。私も夫のタンスは開けにくく仕舞うのが面倒なのできっと変えれば変化が訪れることでしょう。

タンスに服を仕舞うのは理想論!? そんな屁理屈いりません。

<ぎゅってブロガー/あんmama>

人気YouTuberになりたい、こども3人のママです。役立つベビー&こどもグッズをご紹介。旅行&買い物大好き♪こども3人でもアクティブに動いてます。

あんmamaさんの記事一覧