三瓶が“トルコ移住”しくじりを全告白! 逃げ体質の4大特徴とは?

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系で2月3日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(月曜深夜0:15)にお笑い芸人の三瓶が出演。“嫌なことから逃げまくっていたら何もなくなっちゃった先生”として授業を行う。

同番組は、過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー。三瓶は1999年に東京NSCに入学すると、2001年には「三瓶です♪」のギャグで大ブレーク。19年には芸能活動を休止し、トルコに移住したことでも知られている。しかし、移住してわずか4日でトルコが嫌になり逃げ出すことを決意。結局、たった2カ月で「心が折れて」帰国。その結果、現在テレビのレギュラー番組はゼロ。貯金を切り崩しながら、福島県の実家で暮らしている。

授業では“逃げるは楽だが癖になる”と銘打ち、三瓶がこれまで歩んできた人生を教材に、“嫌なことから逃げてしまう人の4大特徴”を解説。就職の面接やアルバイト先、そして芸人としてブレークを遂げた以降も、三瓶はどんなことからどうやって逃げてきたのか。トルコ行きを決めた経緯や、トルコから逃げ出した経緯も全告白。そして授業のクライマックスには、三瓶が今になって気づいた教訓を語るとともに、今後の目標を正直に発表する。