J1の三浦知良が全体最年長

J3は中山雅史、ともに52歳

©一般社団法人共同通信社

 Jリーグは31日、今季の登録選手を発表し、全体の最年長は昨季と変わらずFW三浦知良(J1横浜FC)で、52歳11カ月5日だった。J2はGK本間幸司(水戸)の42歳9カ月4日、J3はFW中山雅史(沼津)の52歳4カ月8日。J1~J3を通じた最年少は16歳5カ月1日のMF阿野真拓(J2東京V)。

 合計1650人が登録され、J1が565人、J2が656人、J3は429。全体の平均年齢は25.72歳、J1は25.81歳だった。

 外国籍選手は172人で、ブラジルが最多86人。34人の韓国、イニエスタ(神戸)らスペインが9人で続いた。(人数、年齢は31日現在)