秋田知事、地上イージス困難伝達

河野防衛相と会談

©一般社団法人共同通信社

イージス・アショアの配備計画を巡る会談の前に河野防衛相(右)へ申し入れ書を手渡す秋田県の佐竹敬久知事(中央)と穂積志秋田市長=31日午後、防衛省

 河野太郎防衛相は31日、秋田市などが候補になっている地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、秋田県の佐竹敬久知事と防衛省で会談した。佐竹氏は、住宅地に近いとして陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備は困難だと申し入れた。河野氏は「ゼロベースで検討する」と答えた。防衛相就任後、佐竹氏と会談するのは初めて。

 会談後、佐竹氏は記者団に「図面を出して、いかに住宅地に近いか説明した」と強調。「新屋では理解は得られない。選定から外れることを期待したい」と話した。同席した秋田市の穂積志市長も同様の考えを伝えた。