「新時代の先陣切りたい」 野口聡一さん、新型宇宙船搭乗へ

©株式会社神奈川新聞社

3回目の長期宇宙滞在に向けて抱負を語るJAXA宇宙飛行士野口さん=JAXA東京事務所

 神奈川で生まれ育った、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士、野口聡一さん(54)が今年、米国で開発中の新型宇宙船に日本人宇宙飛行士として初めて搭乗する。搭乗日程は未定だが、訓練先の米国から一時帰国した際に神奈川新聞のインタビューに応じた野口さんは「国際的な枠組みで火星や小惑星など宇宙探査に挑戦する時代がいよいよ始まった。同時に新型宇宙船の開発により、個人で宇宙旅行が楽しめる可能性も高まり、宇宙飛行士として新しい時代の先陣を切りたい」と意気込みを語った。

 野口さんは2005年、09年に続く3回目の宇宙での長期滞在となる。11年に引退したスペースシャトルの後継機として、米航空宇宙局(NASA)が開発を委託しているのが、ボーイング社の「スターライナー」とスペースX社の「有人型ドラゴン宇宙船」。野口さんはどちらに搭乗するか、まだ決まってはいない。「それぞれ課題はあるものの、順調に開発テストをクリアしてきている。いつ宇宙に行くのか、どちらの宇宙船なのか。米国のみならず世界中の宇宙関係者が固唾(かたず)を飲んで見守っている」と野口さん。

 宇宙飛行士になって24年。「もう一度宇宙に行ける。それは本当に幸せなこと。現役を続けるのは大変だが、チャレンジができる喜びを味わいたい」と搭乗する日に向け準備を進めている。

 最初に宇宙に行った時、胸に迫ってきたのは「地球は命の輝きに満ちている」という思い。今回も、宇宙でのさまざまなミッションを通じて感じたことを、地球にいる子どもたちと分かち合うことを今から楽しみにしているという。

◆4月から横浜で企画展

 神奈川新聞社は2月1日、創業130周年を迎える。記念した企画展「ペンを止めるな! 神奈川新聞130年の歩み」と「神奈川新聞とJAXA宇宙飛行士野口聡一さん」を4月4日から6月28日まで、日本新聞博物館(ニュースパーク、横浜市中区)で同時開催する。野口さんの展示では、これまでの活躍を紹介するほか、新型宇宙船搭乗と国際宇宙ステーション(ISS)での活動に関する最新情報も伝える。「ペンを止めるな! 神奈川新聞130年の歩み」の公式ページは、https://www.kanaloco.jp/penwotomeruna/