東京パラで車いすバスケ除外も

IPC、クラス分け基準問題視

©一般社団法人共同通信社

リオデジャネイロ・パラリンピックの車いすバスケットボール競技=2016年9月(共同)

 国際パラリンピック委員会(IPC)は31日、国際車いすバスケットボール連盟(IWBF)のクラス分けがIPCの定めた国際基準を順守していないとして、車いすバスケットボールを東京パラリンピックの実施種目から除外する可能性があると発表した。

 車いすバスケットボールには選手の障害の程度により「持ち点」があり、IPCは比較的軽い4.0と4.5の選手について5月29日を期限に是正を求めている。パーソンズ会長は「基準を満たさないということは、われわれにとっての大きな懸念だ。競技の高潔性を脅かす可能性がある」とコメントした。