マーク・パンサーが「ラストサムライ」モデルのフランス軍人を熱演!

©株式会社東京ニュース通信社

NHK総合で2月5日放送の「歴史秘話ヒストリア」(水曜午後10:30)にglobeで活躍したマーク・パンサーが出演する。

同番組は、古代・戦国・幕末から近現代までさまざま“歴史秘話”を紹介する歴史情報番組。5日の放送では「サムライとフランス軍人 幕末ラストミッション」をテーマに、父親がフランス人でフランス生まれのマーク・パンサーが、再現ドラマパートでフランス軍事顧問団団長役を熱演。また、軍事顧問団の痕跡を訪ね、激動の日本を駆け抜けたフランス軍人たちのラストミッションに迫る。

激動の幕末。徳川のサムライたちとともに戦った外国人たちがいた。その名もフランス軍事顧問団。映画「ラストサムライ」のモデルになった軍人たちで、徳川軍を近代化させるという使命を背負い、来日した。しかし、戊辰戦争が勃発すると、徳川方として戦うか、帰国するか、運命の選択を迫られる。

初めて歴史番組に挑戦したマーク・パンサーは「実は僕、音楽だけでなく歴史もけっこう好きなんです。でも今回のテーマの『フランス軍事顧問団』は知らない話の連続でした。幕末に日本にやって来た熱いフランス人たちの足跡をたどった横浜や函館でのロケでは、顧問団ゆかりの人に出会ったり、実際に顧問団副団長のブリュネが作った場所を訪ねました」と撮影を振り返り、「『150年前の歴史』と聞くと、現代を生きる僕たちとは切り離された世界の出来事のように感じてしまいがちです。でも実際に現場を訪ねて人に会ってみると、歴史は今日の世界につながっている、昨日の昨日のもう少し昨日の話なんだということを強く感じました」と話している。