護衛艦「たかなみ」中東派遣に抗議 県平和委など6団体

©株式会社神奈川新聞社

たかなみの中東派遣に抗議する市民団体のメンバーら=ヴェルニー公園

 2月2日に予定されている海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」の中東派遣を前に、神奈川県平和委員会など6団体は31日、海自横須賀地方総監部(横須賀市西逸見町)に対し、「今回の派兵は防衛省設置法の『調査・研究』の域を超える重大な危険を冒すもの。日本が交戦国となる危険性があり、憲法違反につながりかねない」などと派遣中止を申し入れた。

 その後、同市内で横断幕を掲げ「自衛隊員の命を守れ」「たかなみの中東派遣を中止しろ」と声を張り上げたほか、米国やイランとの対話による解決の必要性などを呼び掛けた。市民団体「原子力空母の母港化を阻止する三浦半島連絡会」の新倉泰雄事務局長は「国会の承認なくしての派遣の既成事実化にもつながり、問題だ」と話した。