俳優・演出家の堂本光一が「演出家としての矜持」を語る

©株式会社ドットレンド

2月3日発売の「AERA 2月10日増大号」の表紙に、主演ミュージカル「SHOCK」シリーズが20周年を迎える堂本光一が登場する。昨年亡くなったジャニー喜多川氏を「エターナル・プロデューサー」に、主演・演出という肩書で臨む堂本光一。4ページにわたるグラビア&インタビューでは、ジャニー氏と共に舞台を作ってきた20年や「演出家としての矜持」について語っている。

堂本光一が「アイドルグループ KinKi Kids」ではなく「俳優・演出家 堂本光一」としてAERAの表紙を飾るのは今回が初めて。主演ミュージカル「SHOCK」シリーズが20周年を迎え、「Endless SHOCK 20th Anniversary」として上演される節目に、その舞台である帝国劇場でのロケが実現した。撮影はもちろん蜷川実花。

コラム「表紙の人」では帝国劇場という空間への思いを語り、4ページにわたるカラー&インタビューでは、ジャニー喜多川氏とともに「SHOCK」を作ってきた20年を振り返り、その志を継ぐ形で、後輩たちの舞台やライブに向き合う「演出家としての矜持」について語った堂本。「ジャニーさんは勢いを大切にする人。僕はまず脚本作り、土台を固めないと嫌なんです」「自分が面倒を見る子たちに、演じる時の気持ちのもって行きどころを、ちゃんと作ってあげたかった」「後輩を育てなきゃとは思っていないんですが、関わったからにはその人を輝かせたい」などの言葉が次々に飛び出した。帝国劇場の客席側から舞台を眺め、シートに座る姿を納めたグラビアも必見だ。

この号の巻頭特集は「がんと家族」。2人に1人ががんになる時代。家族のなかにがん患者がいるということが「レアケース」ではなくなっている。大切な人ががんになったとき、家族はどう振るまい、どう支えればいいのか。夫が、妻が、がんになったとき、子どもにはどう伝えればいいのか。治療費や休業中の収入減少を補ってくれる制度や保険は――。実際に「家族のがん」に直面している方々を取材している。

ほかにも、

  • 新型ウイルス「病原性」「感染力」「対抗策」を知って惑わされない
  • カセットテープが売り上げ増「不便で面倒」だから楽しい
  • QUEEN来日!熱狂のステージルポ&「クイーン展ジャパン」開催秘話
  • 東出昌大「不倫問題」を「スカーレット」で読み解く
  • 航空・鉄道・物流・空港「サイバーテロ対策」の全貌
  • アフガニスタン・ペーパーズ「米軍はタリバーンに負けていた」
  • 池田大作研究 世界宗教への道を追う 連載第6回 「兄と私を結んだ鏡」

などの記事を掲載している。

AERA(アエラ)2020年2月10日増大号
定価:391円+税
発売日:2020年2月3日(月曜日)
Amazon:https://amzn.to/2tnnnwk
楽天ブックス:https://a.r10.to/hbg2Gr