鷹の育成選手・尾形が早速アピール 12分間走でぶっちぎり、王会長「いい太もも」

©株式会社Creative2

12分間走で激走するソフトバンク・尾形崇斗【写真:福谷佑介】

A組に抜擢、初日の12分間走でダントツ3290メートルを走る

 ソフトバンクの春季キャンプが1日、宮崎・生目の杜運動公園でスタートし、早速、恒例となった12分間走が行われた。

 サファテやバレンティンら助っ人選手と故障者だけが免除され、それ以外ほぼ全選手が走った12分間走。そこでアピールに成功したのは育成選手の尾形崇斗投手だった。スタートからスピードを保って独走すると、投手陣でダントツの3290メートルを走った。

 育成からA組に抜擢された尾形。早速、アピールに成功し「3300いけなかったのが弱さですね。ただアピールはできたと思います」と納得の表情。見守っていた王貞治球団会長も「頑張ってたね。いい太ももしているよ」と、その走りに目を細めていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)