【シュペル・リグ】ボローニャ移籍破談、ガラタサライで登録外となった長友…プレー機会求めJリーグ復帰を視野に

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

ガラタサライの日本代表DF長友佑都は、3月まで開いているJリーグ復帰の可能性があるようだ。

【セリエA】長友が2年ぶりにイタリア復帰!冨安所属のボローニャと基本合意

33歳長友は今冬のマーケットで日本代表で同僚の冨安健洋が所属するボローニャ移籍が近づいていたが、獲得に制約があるEU圏外枠であることからセリエA復帰が困難となり、交渉は破談に。さらにガラタサライが外国人枠に該当する3選手を補強した事で14人の枠に外国人が17人となり、契約解除のスティーブン・エンゾンジやクリスチャン・ルインダマとも共に登録外となった。報酬こそ100万ユーロ(約1億2000万円)受け取れるものの、半年間プレーできなくなる長友は3月27日まで市場が開いているJリーグ復帰の可能性が浮上。ガラタサライも100万ユーロの支払いを避けるため、交渉に前向きな姿勢を見せている。

ボローニャ移籍失敗の長友がJリーグ復帰か