久光製薬 無償で救援物資 日赤と災害支援協定

現場スタッフに自社製品提供

©株式会社佐賀新聞社

災害支援協定に調印した久光製薬の中冨社長(左)と日本赤十字社の大塚社長=東京・港区の日赤本社

 久光製薬(本社・鳥栖市)と日本赤十字社は1月31日、災害時に救援物資を無償提供する災害時支援協定を結んだ。災害対応に当たる日赤職員やボランティアをケアするのが主な目的で、久光製薬は日赤の要請に応じて同社製品を速やかに提供する。

 都内の日赤本社で調印式が開かれた。久光製薬の中冨博隆会長、中冨一榮社長と日赤の大塚義治社長が出席した。中冨社長は「人の命と健康、尊厳を守るという日本赤十字社の使命に共感している」と語り、「風水害や地震など災害が頻発している。協定により、速やかに必要な物資を提供したい」と述べた。

 大塚社長は「とてもタイムリーな支援です。スタッフが少しでも活動しやすいようにという趣旨で、必要性を痛感していた。金品、物資もありがたいが、それ以上にお気持ちがありがたい」とお礼を述べた。

 協定により、日赤は災害対応に当たる職員やボランティアをケアする製品を久光製薬に要請できる。製品を避難所で活用するケースも考慮している。

 調印式に先立ち、バレーボールVリーグ女子の久光製薬スプリングスの長岡望悠選手が、ホーム試合で募った台風19号義援金の目録を日赤に贈った。