テニス、ケニンが四大大会初V

全豪決勝で逆転

©一般社団法人共同通信社

女子シングルスでガルビネ・ムグルサに勝利し四大大会初制覇を果たし、観客の声援に応えるソフィア・ケニン=メルボルン(共同)

 【メルボルン共同】テニスの四大大会第1戦、全豪オープン第13日は1日、メルボルンで行われ、女子シングルス決勝で第14シードのソフィア・ケニン(米国)が元世界ランキング1位で現在32位のガルビネ・ムグルサ(スペイン)に4―6、6―2、6―2で逆転勝ちし、四大大会初制覇を果たした。

 21歳のケニンは優勝賞金412万豪ドル(約3億円)を獲得し、大会後の世界ランキングで15位から米国勢トップの自己最高7位に浮上する。

 26歳のムグルサは全豪でスペイン女子初の頂点に届かず、四大大会で2016年全仏オープン、17年ウィンブルドン選手権に次ぐ3勝目はならなかった。