県内は15市町村が不満 病院再編公表

©株式会社宮崎日日新聞社

 厚生労働省が再編や統合の議論が必要として、公立・公的病院の名称を公表したことについて、県内では26市町村のうち、15市町村が「不満」「やや不満」と答えた。中山間地域などでは、地域医療の維持には公立・公的病院が欠かせないことなどを背景に「実情を反映していない」と批判的な記述もあった。病院の再編・統合や病床数見直しにも「反対」「どちらかといえば反対」が10市町村が占め、国との意識の違いが浮き彫りになった。