福岡で長崎IRセミナー 3事業者が構想プレゼン

中村知事は誘致取り組み説明

©株式会社長崎新聞社

ハウステンボスへのIR誘致の取り組みを説明する(右から)朝長市長と中村知事=福岡市、ヒルトン福岡シーホーク

 長崎県と佐世保市がハウステンボス(HTB)への誘致を目指す、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)に関するセミナーが1日、福岡市で開かれ、県に長崎IRのコンセプトを提案した国内外3事業者が、それぞれの構想の一部をプレゼンテーションした。中村法道知事と朝長則男佐世保市長も登壇、IRの目指す姿や誘致の取り組みを説明した。
 3事業者は▽香港が拠点のオシドリインターナショナル▽オーストリア企業のカジノオーストリアインターナショナル(CAI)▽マカオのIRに携わる長崎市のカレント。県のコンセプト募集に応じて運営計画などを提案しており、県と意見交換している。
 セミナーで、オシドリはイノベーション(技術革新)とローカライズ(地域調和)を重視すると強調。フランスを中心にカジノを運営するパルトゥシュがパートナーになるとした。
 CAIは、オーストリア政府が筆頭株主である「国有」をPR。首都・ウィーンと日本の芸術文化を融合した「和洋折衷」を目指し、「建築家の隈研吾氏の応援も得られる」とした。
 カレントは世界最高峰のエンターテインメントを提供するとアピール。資本提携する海外企業を紹介し、「県内の観光地や島々を(IR)施設と連携させ、世界に発信する」とした。
 九州の政財界関係者ら約300人が出席。中村知事は、IR誘致は人口減少対策や地域活性化につながるとし、「九州にIRという玄関口を設けることで、新たな人の流れを生み出せる」と述べた。経済波及効果やギャンブル依存症対策を考えるパネル討論などもあった。